2016年 10月 の投稿一覧

非常に魅力的な土地に大変満足できるマイホームを建てることができました

注文住宅の一戸建てを新築することにしました。賃貸住宅に入居しているときに、雨漏り被害が発生してしまいましたので、雨漏りしにくい構造に設計してもらいました。マイホームは一生に一度の買物だと感じていましたが、建物は必要に応じて建て替えても良いですし、できればメンテナンスとリフォームで長持ちさせたいと感じています。所有している土地に建築してもらいましたが、排水性が悪くて、すぐに水がたまってしまう環境でした。新築する前に地中に砕石を混ぜてもらい、排水性が良くなるように改善してもらいました。雨が降っても、すぐに乾く庭になりました。排水性だけでなく強度も増したので、地震対策の面でも満足しています。窓を開けて換気をしていても、空気が必要以上に湿っていないように感じます。注文住宅は話し合いの時間を持てるシステムです。マイホームを持つ不安もありましたが、質問と相談に対する親身な回答とアドバイスで、不安は解消できました。

火災保険料が安くなる省令準耐火のメリット・デメリット

注文住宅を建てるときに利用するのが、銀行や信用金庫などで提供している住宅ローンです。住宅ローンにもさまざまな種類がありますが、共通して、新築する注文住宅には火災保険をかけるようにという条件が設定されることが多いといえます。この火災保険については、返済が満了するまではかけつづけなければならないというのが基本ですので、その期間をすべて合算すると、相当な高額の保険料を負担しなければならないということになってしまいます。そこで、省令準耐火建築とよばれるもので注文住宅を新築するのが効果的であるといえます。省令準耐火建築にした場合には、住宅ローンとあわせてかける火災保険の保険料が、通常5割、最大で6割ほど安くなるといったメリットがあります。反対に、省令準耐火建築としたことによって、火災保険の減額分のメリットよりも、建築費用の増加といったデメリットのほうが上回ってしまうのであれば得策とはいえませんので、よくシミュレーションをしてみることが大切といえます。

注文住宅で土地を選ぶには

三重で注文住宅をつくるために土地を選ぶにあたっては、まずは予算との相談をすることになります。予算とはいっても、土地と建物それぞれに費用がかかりますし、そのほかにも、所有権の登記を司法書士に依頼したり、不動産取得税などの税金を支払ったり、場合によっては土地を測量したり、隣接する地主と境界を確認するための立ち会いをしたりといった費用もかかるかもしれません。こうした費用をトータルして、それぞれに割り当てることができる予算を決めた上で、その予算のなかで取得が可能な土地を選ぶということがたいせつになります。もしも条件的に希望にぴったりな土地が見つかったとしても、予算をオーバーしてしまうようであると、注文住宅の新築のほうにかけられる予算がそれだけ減ってしまうことになります。もちろん、住宅ローンのような外部の資金に頼ることは考えられますが、自己資金として頭金を用意する必要があるほか、年収や頭金の金額に対してあまりにも多い金額の借り入れを申し込んだとしても、金融機関に断られてしまう場合があります。

住宅ローン借入可能額を増やす生命保険見直し法

注文住宅を新築する際に、いかに住宅ローンの借入可能額を増やすかも大切なポイントです。そこで工夫できるのが生命保険の見直しです。住宅ローンと生命保険の関連性がわからない人も多いものですが、住宅ローンには団信保険というものがあります。これは加入者が志望した場合に、ローンの残債が保険金で支払われるという仕組みのものです。残債が少なくなるほどに保険料も少なくなるものですが、金利部分に保険金が含まれる場合もあります。そのために、別途で生命保険に加入する必要がなくなるというわけです。つまり、これまで多額の生命保険料を支払っていた人ほどにメリットが大きい方法というわけです。その浮いた保険料をローン返済に使えるというわけです。保険金の代わりに住宅が残るわけですが、一戸建ての場合にはほとんどが土地代として残ることになります。そのために、資産価値の高い土地を購入する方が、メリットは大きくなることがわかります。

マイホームを買うために見直すべきこと

三重県のマイホームを手に入れることは、人生の中でも最も大きな目標の一つではないでしょうか。もちろんマイホームの取得には多くの資金が必要となりますし、それが注文住宅であればなおさらです。
現時点でまとまった資金がないという場合には住宅ローンの借り入れを検討することになりますが、無理な資金計画はローン返済中に破綻する可能性があります。まずはマイホームを買うために、生活の見直しを行って適切な資金管理を行うことが重要です。
住宅ローンの借り入れは、一定の収入があり安定した職業に就いていればさほど難しいものではありません。しかし、借り入れる金額を注文住宅の建築総額いっぱいまでとしてしまうとその後の返済が大変になります。できるかぎり頭金を多めに用意することが鉄則です。
頭金を準備するためには、生活費を根本から見直し、月々の貯蓄額を増やして行かなければならないでしょう。収入の増加の見込みが薄い現代においては、支出をおさえるという観点で事前の資金計画を進めていくことが良い方法です。

三重で探す評判の住宅会社

三重で新築一戸建てを購入するなら、地元情報に詳しい会社に依頼すると良いです。三重県の工務店やハウスメーカー等、選択肢はたくさんありますが、アフターサービスや保証にも気を付けて選ぶ事が大切です。住宅は建てるとそこから劣化が始まるため、こまめにメンテナンスを受ける必要があります。住宅仕様や求める効果に応じてメンテナンス方法は変わるため、充実したサービスが受けられる会社を選ぶと、長い付き合いができます。また三重の評判の住宅会社を探すには、住宅専門サイトを利用する方法もあります。三重エリアに対応している会社が掲載されているため、効率良く選ぶ事ができます。評判内容は会社によって異なり、安いのに良質な住宅が建てられる、耐震構造が頑丈、断熱や遮熱効果が高い等、様々あります。ライフスタイルや家族構成、デザインや予算から選べるため、後悔の無い買い物ができます。こだわりから絞り込めば満足度の高い新築が手に入ります。

体験談を参考についた新築住宅の計画

新築住宅を建てるのに当たって、家づくり体験談を参考にすることが大切です。これまでに新築住宅の購入をした経験のある人の意見に耳を傾けることによって、より良い住環境を備えた家作りに繋げることが可能となります。家づくり体験談の情報を得るためには、専門のインターネットサイトや情報誌を活用することが有効です。こうした情報媒体に掲載されている体験談・ランキング・レビュー記事を目を通しておけば、客観的な判断をするのに役立てられます。こうした記事の中には、長期的なスパンで家族との暮らしをより快適で満足のいくものにしていくための、様々な工夫が紹介されています。家づくり体験談の中で紹介されているテクニックや、依頼した住宅メーカー・建築士の情報を活用して、自身の選択に反映させることも重要です。より優れたノウハウとスキームを兼ね備えた専門スタッフを見つけられれば、計画の精度も高められます。こうした点を念頭に置いて、活用の可能性を広げていくことが肝心です。

新築住宅を建てる際の火災保険の選び方

いるかもしれないし、ひょっとしたらいらないかもしれないというのが保険です。ですが、入っておけるのなら入っておいた方がいいのも保険です。新築住宅を建てる際に決断を迫られるのが、保険で火災保険もその一つですがです。いろいろありすぎてどの保険に入ればいいのか、何が自分たちに合っているのか悩む方は多いのではないでしょうか。例えば、ポツンと離れた山の中など自分の家の周りに他の家がなくお隣さんまで徒歩何十分とか、かかるような場所に家を建てた場合はどの保険に入っても自分で納得いけば何も問題はありません。万が一火災が起きた時、もちろん自分の家の保証も大事ですが近隣の住宅に対しての問題が出てくるかもしれません。そんなときのために特に隣接している家の場合は近隣住民の方がどんな火災保険に入っているのかもできれば知っておいた方がいいと思います。とくに分譲マンションを購入する際は、強制ではありませんが同じ会社の同じプランで火災保険を勧められます。マンションの場合は共有スペースの問題もあります。火災保険は自分の家の為だけではなく、隣近所の家のためにも入っておいたほうがいいもので、慎重に選ぶ事をおすすめします。

新築住宅の間取りの考え方

新築住宅において土地の大きさも関係してきますが、間取りは大切な事です。後からの変更は大変な事です。今の現状だけで考えては、子供たちが出て行った15年後20年後になるとさらに大変な事になりますので、将来を見据えた設計が必要です。お金のこともありますが、まずは十分な計画が必要です。現在必要な空間や部屋はどんなことでしょう。のちに要らなくなる間取りはないでしょうか。このように考えてくると、共有制のある空間の設計も必要になります。細かく区切りすぎると、後は穴をあけるか、もし柱を使わない設計などになると変更もできなくなります。まずは自分たちに必要な空間を考えて、のちに要らなくなる空間はどうするかなどと考えて行くと将来も使用可能な理想的な間取りが出来上がってきます。日本家屋においては障子やふすまを外すとかそのような考え方もできます。ポイントとして考える事は自分たちの生活空間になるわけですから、みんなで話し合って楽しめる空間づくりをしましょう。よく専門家や家族と話し合いをもって、理想的な生活空間の設計施工ができるようにしましょう。

家具の買い方が変わった

新築住宅に限らず、いつもきれいにかたづいた家というのは、まず収納が多いです。ですので、一時期は広い家に住みたいという人が大半でした。しかし今は平均年収の低下や、非正規の仕事が四割近くを占める事情などもあり、コンパクトな住宅が好まれています。そして、シンプルなライフスタイルを好む人も増え、家具に対する見方も変わりました。ですので、かたづいた住宅には物が少ないという特徴もあります。では、家具の買い方はどう変わってきたでしょうか。少し前は家を新築するときに、作りつけの棚を設置するのが人気でした。ですが今は、そうしたやり方は減ってきています。作り付けの家具は部屋との違和感がなく、スタイリッシュなのが魅力です。また、部屋を広く使えるというメリットもあります。反面、ライフスタイルが変わったときにリフォームがしづらくなります。物が少なくなったときに無駄な空間が生じることもあります。そのようなわけで、今では家具は必要に応じて購入するのが普通になってきました。一人暮らしの人が増えたので、よりコンパクトなサイズが好まれています。