三重県の土地探し

公示価格と路線価の番を事前に把握しておくと、土地探しで役に立ちます。不動産会社の売却物件は、不動産市場の相場で価格が決められていますが、不動産会社に仲介してもらわずに司法書士や工務店を通して売却を希望している地主の場合は、売価未設定の場合も多いです。
交渉の余地があるわけですが、市場の相場を知らないと交渉そのものが難航します。ある程度でも良いので、市場の相場を把握しておいたほうが、地主からも好感をもたれます。地主としても信用を大切にしていますので、市場の相場から逸脱した金額設定は好みませんし、だからといって競売価格のような安い設定も避けたいと考えています。注文住宅の工務店は地主への配慮から、ある程度の市場の相場を把握した上で、概算としての価格を教えてくれます。
概算価格が公示価格や路線価と、どの程度違っているのかに注目すると、地主の希望する販売価格や工務店の意図する交渉の余地が分かりやすくなります。工務店としては、地主が購入希望者に売却する土地に対して、注文住宅を新築するのが目的です。不動産会社のような仲介ではありません。土地購入希望者は、仲介手数料の分は安くなりますので、市場の相場よりは安く購入しやすいと言えます。地主が提供してくれる土地は、利便性が高い土地や、地盤が良好な土地が多いのも現実です。地盤が軟弱な地域に区画整理された分譲地よりも、安心して一戸建てを建築できる土地の場合は、付加価値を価格に反映させたとしても、お買い得になります。区画整理された分譲地は、地盤強化工事は可能ですが、地質を調査してどじ用を改善したほうが良いと判断できても、土壌そのものを新規交換するのは現実的に困難だからです。
地主が提供する土地が、用途地目が農地の場合は、乾燥気味に栽培されていた野菜の農地であれば地盤は排水性が高くて強いですし、田んぼのように湿地として利用されていた農地は粘土質なので土壌を改善したほうが良いです。農地は土壌改善工事も新規交換工事も容易に実現できます。農地から住宅地へ変更するには転用届けが必要ですが、煩雑な手続き事務は工務店と連携している司法書士や行政書士が代行してくれます。代行手数料は必要になるものの、トラブルが発生することなく無事に住宅建築可能な土地として取得できるのでメリットは大きいです。地主と司法書士あるいは行政書士と連携している工務店は、土地探しでも心強いです。安全に暮らせる注文住宅の一戸建てを完成させてくれます。

 

ショッピングカート|心の童話|オーディオ|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|住宅リフォーム総合情報|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|お小遣いNET|貯蓄|JALカード|童話|アフィリエイト相互リンク